YAHOO!ニュース 「不自然」「なぜ募集した?」統合新学校名は市民応募わずか1件の名前が採用に 応募150件断トツ1位の名前選ばれず

YAHOO!ニュース

YAHOO!ニュースは24日、BBS山陰放送からの引用記事として以下のようなニュースを伝えている。

 

小学校の統合で新しくできる鳥取県倉吉市の小学校の名前を公募したところ、得票数と関係のない名前に決定したというものだ。

公募によると、応募数は341件、内150票を獲得したのが打吹という名称。しかし実際に採用されたのは「至誠小学校」だったというものだ。

この記事へのコメントは主に以下のようなものが見受けられた。

  • 準備委員会での決選投票が有って、それで選ばれたのが応募1件の名前ですか・・・
  • 学校や駅の名前には、その土地由来の名称をつけるべきだと考えます
  • Googleマップを見ると、まあ分からなくもない。要は灘手側としては納得できんだろうな

実際のコメント

maq*****9/14(水) 12:57

個人的には、私立学校であれば理事長、経営者の意図とする校名を決定することは問題ないと思いますが、公立学校になぜ思想的な意味合いで校名を決めることは違う気がします。その願いを込めた校名はあくまでも一個人の思想や願望であって、人それぞれ異なるものと思います。 地域の名前は町から市になったりはしますが、未来永劫なくなるものではありません。なので市民意見を尊重し地域名を校名にすることが自治体の役目だと思います。

 

6536

 

※末尾の数字は高評価数

明日葉9/14(水) 12:47

公立小学校の名前であれば一般的にはその地域の地名等が付けられる。そのことで地域に馴染み愛着を持てるので当然だと思うし、だからこそ応募した人の半数近くが地域の山の名前を挙げたのだろう。 私立なら至誠、という名前もあるかもしれないがどうも右翼的、国粋主義的、国家主義的な思想の下に小学校から市民を教化しようという権力者側の意図を感じる名前だ。 一件しかない応募も誰がしたのか… このような民主主義的な手続きを踏みにじる偏向した決定は速やかに見直すべきではないだろうか。

 

3668

 

※末尾の数字は高評価数

s/m9/14(水) 12:00

現場の意見は尊重しません 重要事項は学外の委員会で決めます 決定事項の理由は説明しません 決定事項に対して反対は認めません 地域の事は地域の老人たちが判断します 学内の子供たちはそれに従うことが幸せです その様な地域性であり、その様に運営されていく学校であるとアナウンスする事案かと思われます。 ここに通う子供たちはその様な状況の中、 自己の意思を強く持って過ごしてほしいと思います

 

2783

 

※末尾の数字は高評価数

鳥取県倉吉市の小学校の名前は「倉吉市立至誠小学校」議論の原因は思い込み?

応募多数の校名を選ぶと言っていないのなら単に周りが勝手に勘違いしただけとしか言い様がないのではないだろうか。

校名を決める一助というのが募集意図なら求めているのは多様性だから、いくら重複しようが一案は一案ということになる。

そういう意味では説明不足はあったかもしれないが別に不自然ではないように思う。

 

 

例えばよく耳にするパンダの赤ちゃんの名前の公募はどうだろうか?

上野動物園が2021年6月に生まれた双子の赤ちゃんパンダの名前を公募により決定した。

決定した名前は『暁暁』と『蕾蕾』。

名前は14日間で一般公募され、19万2712件の中から同園が絞り込んだ後に選考委員会が協議を行い決定したというものだ。

このように、公募することと得票数により決定するということは本来イコールではないはずだが、今回のケースではコメントを見てもほとんどの人がこの思い込みから否定意見を書いているように思う。

 

もちろん学校の名前という地域に根ざした案件という特性上、市民の意見を尊重することは本来的には重要である。その意味でこの采配はいかがなものかという指摘はあるだろう。

 

今回は公募の意図を明示しなかったのが問題であり、その結果として多くの勘違いを生んでしまったというのが問題の本質ではないだろか。そういった意味ではコメントや市民たちの指摘はややズレているようにも思う。

 

皆さんはこのニュース、どう感じただろうか?

コメント