YAHOO!ニュース「バッグの穴からレンズが…」現役大学生チアたちが明かす“性的画像”被害の瞬間「実際に画像が販売されているサイトを見て…」

YAHOO!ニュース

YAHOO!ニュースは19日、Nimber webからの引用記事として以下のようなニュースを伝えている。

 

記事の概要は、チアダンスの盗撮被害が横行しているというものだ。

『アスリート盗撮』(ちくま新書)=共同通信運動部編〈鎌田理沙、品川絵里、益吉数正、田村崇仁〉=より内容を一部抜粋して、その状況と被害の実態について取り上げられている。

この記事へのコメントは主に以下のようなものが見受けられた。

 

  • 撮る側は「そんな格好してたら盗撮するに決まってんだろ」しか言えないし、撮られた“作品”に一定の“需要”がある事も事実
  • 行った事は無いがコスプレイベントの映像見るとローアングルから撮影してる人とか沢山人集り出来てたりするから無くすのは難しいかも
  • 撮影・盗撮する人も同じなのでは。「自分の好きなものを好きなように撮りたいだけ。」って主張するよね。

実際のYAHOO!ニュースのコメント

n64444444

盗撮する人間が一番だめな前提の話なんだけどすごく素朴な疑問がある。 それは何故チアリーダーになりたい女子が居るのかという疑問。 華やかな舞台に自分も立ちたい、華やかに活躍してみんなに見てもらいたい、見せつけたいっていう欲求がある人がなってると私は思ってるんだけど、違うかな? だから、盗撮を認めるわけでは断じてないけど、例えば、露出の少ない服装を採用したとして、チアリーダーに憧れる女の子は果たしてその野暮ったい服装のチアになりたいと思うだろうか?居るかもしれないけど華やかとは遠くなったら人気は無くなるとは思う。でも盗撮は良くないし、荷物検査したとしても限界があるだろうし、難しすぎる話だな、と思ったね。

862

 

※末尾の数字は高評価数

mir*****

服装だの盗撮だの言い出したらキリがない気がする。相撲のまわし姿に興奮する変わった趣味の人が盗撮して、力士が「盗撮はやめて!」と言ったら、ジャージ着て相撲をとれという話になるのか?チアリーディングも文化だし、周囲に華やかさとかを表現するものであり、見せることが前提の服装であり演技なのではないかと思う。見られたくないならスケバンみたいな格好で応援団やればいいわけだし。知らない人から承諾なくみだりに容貌を写されるのが不快というのは理解できるが、みんながそれを主張して、それをつきつめると、新聞は文字だけ、テレビ中継は禁止でラジオだけ…となるだろうし、なんでもかんでも盗撮だと一括りにするのはおかしい気がする。

351

 

※末尾の数字は高評価数

えいいち

そもそも、チアリーダーって、どうしてほとんど同じかっこなのですか?

応援するためなら、男性と同じかっこでも良いし、ミニスカート等にこだわる理由は、より女性の姿を意識した上で、人に見らられたいみたいなものがあるのだと感じます。

また、写真を撮る事が悪いのではなく、それを性的な視点から考え利益を出したいと行動することが悪いという事ですね。

これは、罰則付撮影禁止か、ユニフォームの変更のどちらかをしない限り、なかなか無くすのは難しいと感じます。

744

 

※末尾の数字は高評価数

チアリーダーの盗撮被害についてはその主張自体に無理がある

第1に、そもそも丸出しで踊っておいて写真取られた途端にそれは性的画像だって論法が成立するとは思えない。チアリーダーの衣装はスカートの下にアンダースコートを着用しており、下着と同等に盗撮ということはどう考えても不可能だ。それが成立するのなら彼女たちは公共の場で露出を行っているわけで、わいせつ罪にあたる。

そうなると水泳の水着も当然アウトということになり、明らかに主張として筋を通すのは無理がある。

 

第2にそもそも何をもって性的に見ることが罪と言っているのかが不明確である。

では公のメディアが記録の意図で撮影、テレビ放送したものを個人が性的なものとして見た場合はどうなるのか?

合理性を欠いていることは明らかだ。

 

 

しかしだからといってそんなことをされると当然気持ち悪いし売られるなどもっての外というのも事実で、結局この問題を解決するには辞めるか、前提でやるかを選択するということしかないのは分かりきっているように思う。

そもそも本来的には後者、見せるためにやるというのが前提のはずだ。スタジアムで衆人環視で見られるのはよくて撮影されるのは無理。主張として理解はできても明らかに説得力に欠ける。

 

コメントにおいても概ね盗撮まがいの撮影をする人が悪いとした上で主張自体には懐疑的なものが目立っている。

 

皆さんはこのニュース、どう感じただろうか?

コメント