YAHOO!ニュース 長渕剛が北海道で“外国人の土地取得問題”に警鐘

YAHOO!ニュース

YAHOO!ニュースは5日、ABEMA TIMESの引用記事として以下のようなニュースを伝えている。

 

記事の概要は、北海道でのライブの様子を写したYou TubeでのMC発言が反響を呼んでいるというものだ。

 

記事によると、何年にもわたり、北海道の土地は海外の人に買われている。そして、それは日本国土全体にも。外国資本に買収された森林面積は2006年から2021年の15年間で2614ヘクタール。中でも断トツが北海道で、全体の7割を占めているとのことだ。

 

これに関連して同氏はMCにて「僕は北海道が大好きです! お願いだから自然に満ち満ちたこの土地を外国人に売らないでほしい」などと発言している。

関連動画はこちら

https://abema.tv/video/episode/89-66_s99_p4177?utm_medium=web&utm_source=abematimes&utm_campaign=times_yahoo

この記事へのコメントは主に以下のようなものが見受けられた。

 

  • ”土地を購入する権利” ではなく、”土地を使用する権利” だけを売るべき
  • 土地を買うのは構わないと思っている
  • 長渕氏のメッセージは1つの警鐘であって、この記事の内容とは少しニュアンスが違う

実際のYAHOO!ニュースのコメント

haj*****

日本全体の高齢化と人口減によって、田舎の方は過疎化が進んで売りたくても買い手のつかない土地はあると思います。 それを買ってくれる人がいれば外国人でも・・・という気持ちは解らなくもありませんが、しかし中国に関して言えば共産党の指示で個人所有かつ外国の土地でも、強制徴用が可能という危険があるのと、逆に日本人が中国の土地を所有できないという、相互主義が無い点が問題だと思います。 日本の水を中国に売っても商売にならないとか、そういう目先の実利の問題ではなく、国家安全保障上とても危うい状態に置かれるということについて、国民全体がもっと本気で考える必要があるのではないでしょうか。

aands***

ニセコの周辺はリゾート地として海外資本の進出が進んでいますが、中には水脈の水源になっている所があり、その土地を外国人に買い占められることに制限をかけるべきという意見があります。 取水して販売しても利益は無いかも知れませんが、地元の生活のための水資源を外国資本に抑えられることはあまり好ましい状況とは言えないのではないでしょうか。

コナン

土地は、国土であり国家そのものだと思います。 土地領土を広めるために戦争まで起こるのですから。 何名かの方が言われているように、国内の水・自然 資源に関わるような地域は広域にて指定し、外国人の 所有は基本禁止にすべきだと思います。 様々な抜け道を使って、外国資本が購入を続けている のが実情で、気づかぬうちに所有権が渡っているの事が 多いのだと思います。 将来の日本を守る為、現状把握、基本方針、法整備、実行 を進めて欲しいです。 人口だけで勝てるなら、当時の人口で4倍だった米国がベトナムから撤退する事もなかった。 マスク氏は経営者でもあったのだから、やる気のない社員が幾らいても経営に役立たない事を知っている筈なので、もう少し考えて発言した方が良かったと思います。

“外国人の土地取得問題”と日本の植民地化

記事にもある通りこの動向は実はもう何年も前から一部では問題視されていた案件であり、これは本当に政府は危機感をもって早急に対応するべきであるが、現状ほとんど何もやっていないというのが実際のところだ。

 

北海道に限らず全国の水源地の多くがすでに外資に買われており、水源地に限らず観光地の宿泊施設や飲食店のオーナーはその多くが中国系や韓国系になっている。

 

特に円安で日本人に売れない状況では目先の利益を求めた所有者により更に状況は加速しているが政府は対応する素振りもない。もちろん所有者も逼迫してやむなくというケースも少なくないだろうが、長期的に見れば国益を損なう流れであり、そういった部分を整備するのが本来政府の努めなのではないだろうか。

 

 

所得税やら相続税やら取るくらいならこういうところに50%以上の巨額の課税でもすればいいだろうし、いっそ全面規制でもいいくらいではないか。

 

このまま進めば日本は切り分けられて海外投資家に売上を献上する現代の植民地となるだろう。果たして政府はその状況を理解できているのだろうか。

 

皆さんはこのニュース、どう感じただろうか?

以下 記事全文

ルール問題、グローブ問題にも独自の見解を示したメイウェザー

コメント