YAHOO!ニュース 「どれ1つとして完食してない…」原神コラボ特典グッズ目当てに大量の料理を食べ残す客

YAHOO!ニュース

YAHOO!ニュースは1日、まいどなニュースの引用記事として以下のようなニュースを伝えている。

 

記事では、以下のツイートを紹介した上で、投稿者への取材内容を掲載している。

また、同ツイートには以下のようなコメントが寄せられている。

 

「どれ1つとして完食してない…頼んだけどお腹いっぱいなったとかならわかるけど…」

「これを残すとか普段何食ってるんや」

「店が悪いわけじゃないのに、店が大変な思いをしなきゃならないのは心苦しいよね」

 

ツイートはこちら

この記事へのコメントは主に以下のようなものが見受けられた。

 

  • 店のやり方に問題がある
  • あまりにもひどい
  • フードロス上等の企画なので企画に関わった企業も同様に非難されるべき

実際のYAHOO!ニュースのコメント

lit*****

その時の店員は困ったかもしれないけれど、上層部では暗黙の了解なんじゃないかと思う。バイキング料金+有料コラボメニューで、15種類以上のランダムノベルティ。ここまでではなくとも、今までも少なからず食べ残しはあったと思う。それを客がSNSで広めちゃったから店側は対応せざるを得なかったんじゃないかな。 食べ切れないから追加しない人より、食べ残しても追加してくれた方が売上はいいものね。

non*****

昔、とある店舗で働いていた時にキャラクタードリンク全部くれと言われて20杯以上のドリンクを提供したが、案の定、飲みきれずに半分くらい残していた。 店としては代金さえ払ってもらえば、損失はないのだが、どうかなと思う部分もある。 でも、お客さまの立場から考えると遠隔地からこのコラボのためにきて、どうしてもグッズが全部欲しいから仕方なく注文するケースがあるというのも知っている。 解決するには、1度のオーダーを食べきれる範囲に制限するか、食べずにグッズを提供する抜け道を作るしかないね。 近くに住んで行ける人には、交通費に片道1万以上&数時間かけて来ている人の苦労はなかなか理解してもらえないから、難しい。

geo*****

イベントの内容自体が元から、グッズ目当てで食べ残しが多く発生することも十分考えられるような内容であったという指摘が多くある。 店の経営側の方針として、注文が入りさえすれば客がほんとに食べようが食べまいが儲かりはするのだからそこはあまり考慮せず企画が決まったのだと思うけれども、結果としてこんなことになってしまった。 もちろん残しまくって帰る客の行動にそもそも問題があるが、こうなることも事前に充分予想できたのでは? まぁコラボ企画は儲かるから細かい事はいいや、という事だったのかもしれないけど、今回ここまで話題になったのでおそらく次回からはきっとその辺をいろいろ考慮した企画内容にしてもらえるであろう。

SDGsと逆行するアニメやゲームとのコラボ集客の問題

元のツイートでは主に客側を批判しており、リプライにも多くの同意意見が見られたが、ヤフーニュース記事内のコメントでは概ね店側を批判するコメントが目立ったこの記事。

 

やはり問題の本質はスイーツパラダイスの経営方針にあるのではないだろうか。同社の商品が捨てられ特典が持ち帰られるという状況はつまり、実際的には客側からすると商品より特典のほうが価値が高いということになっている。

景品表示法においては販売する商品の20%以内という規定があるが、いわばその抜け穴を狙ったのが今回のような商法ではないだろうか。つまり販売価格において同法には抵触しないが、実質的な価値は逆転してしまっている。

 

客のモラルの問題も確かにあるが、複数パターンをランダムでというような景品のつけ方ではこういった自体を招くのも当然と言える。さらに言えばコラボした原神側もむしろマイナスイメージを受けることになり、長期的な視点に欠けたイベントだったのではないだろうか。

 

皆さんはこのニュース、どう感じただろうか?

以下 記事全文

ルール問題、グローブ問題にも独自の見解を示したメイウェザー

コメント