YAHOO!ニュース 女遊びが激しすぎて意外性なさすぎ?「マルーン5」ボーカルが不倫報道で謝罪

YAHOO!ニュース

YAHOO!ニュースは26日、ミモレからの引用記事として以下のようなニュースを伝えている。

 

マルーン5のヴォーカルであるアダム・レヴィーンが、妊娠中の奥さんを尻目にインフルエンサーの女性にインスタグラムのDMで不倫のお誘いをしていたというものだ。

サムナー自身がTikTokで暴露したところによると、ふたりはつい最近まで不倫関係だったようだ。

この記事へのコメントは主に以下のようなものが見受けられた。

 

  • 結婚式の定番BGMが多いけどみんな気にしないよね
  • ファンの方でさえも全然驚かない事に驚く
  • 大体は分かってて結婚してると思うから

実際のYAHOO!ニュースのコメント

am0…

ベバティって足が長くてスタイルが良いけど、メイクによって雰囲気が違い過ぎて、めちゃくちゃ綺麗な時と、たまに肝っ玉母ちゃんみたいな顔に見える時がある。

e_b*****

歌や声は、耳当たりも良く、良い曲多いと思うが、表情のない人だし、何かやらかしそうだなという雰囲気はあった。

bsb*****

アダムがモデル美女好きなのは有名だから驚かないけど 日本人の自分からしたらそんなイケメンでも無くて(ファンの方ゴメン)どうしてそんなにモテるのか不思議やわー やっぱミュージシャンだから?

アダム・レヴィーンに対する世間の認識と日本の常識は?

コメントやタイトルからも分かる通り、実はアダム・レヴィーンは女癖の悪さに以前より定評のある人物だった。そういった意味では驚きがないということを伝える記事ということになる。

 

そこで今回はこの件の構造そのものについて少し深掘りしたいと思うのだが、不倫に対して驚きがないというのはキャラクターを考慮してもやや違和感がないだろうか?

 

そもそもこのニュース、日本ならば妻子持ちに手を出した側が批判される流れではないだろうか?

大きいものであればベッキーの不倫報道、直近のものであればスノーピークの社長を辞任した山井梨沙氏。いずれもどちらからという報道はなく、ただ独り身だった当事者側が吊るし上げられ、ネット上で多くのコメントが違和感を抱くこともなくそれに追従している印象がある。

 

反対に、芸人などの浮気では男性側が手を出したと報道されることも多いが、基本的には芸人側が叩かれる流れになるケースが多く見受けられる。

 

一体マスコミを含む世間や大衆は何を基準に叩く相手を取捨選択しているのだろうか。一度考えてみるのも良いかもしれない。

 

 

皆さんはこのニュース、どう感じただろうか?

以下 記事全文

ルール問題、グローブ問題にも独自の見解を示したメイウェザー

コメント