YAHOO!ニュース メイウェザーが朝倉未来の「ビビってる」発言に過剰反応。「私がビビっていると思うなら無制限ラウンドにしてもいい」【超RIZIN】

YAHOO!ニュース

YAHOO!ニュースは24日、TOKYO HEADLINE webからの引用記事として以下のようなニュースを伝えている。

 

「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のメインイベントで朝倉未来(トライフォース赤坂)と対戦するフロイド・メイウェザー(アメリカ)が9月24日の夜に急きょ会見を開いたといいものだ。

記事では朝倉の挑発に対してのメイウェザー会見でのコメントを抜粋して紹介されている。

この記事へのコメントは主に以下のようなものが見受けられた。

 

  • メイウェザーがやるんだからボクシング以外にありえない
  • メイウェザーは自分でも言ってるが観客をエキシを通してこの後も長く楽しませたいと考えている
  • 3R以上になると圧倒的に未来が不利

実際のYAHOO!ニュースのコメント

hog*****

日本人は朝倉贔屓だろうが、ボクシングで見れば明らかにメイウェザーがあらゆる面で格上。それは彼のキャリアが証明している。彼は世界で勝ってきた。朝倉は日本で勝ってきた。その違いは大いにある。後、彼のコメントでわかるのは彼が気を遣っているのはショーとしての試合のあり方。あまりに早く終わってしまうと申し訳ないとか、せっかく注目されているんだからカッコよく決めたいよね、という興行主側の意識。 格闘技は格下でも常にワンチャンスあるのが面白いわけだが、この試合は日本が金を出すから実現できてるだけで、本来は実現しないぐらい格が違う。それを朝倉はビビっているとか、普通の対戦前のインタビューみたいなことを言っているのはダサいと思う。

898

 

※末尾の数字は高評価数

fut*****

かねてより「報酬分は見せ場を作る」と言っていたので、わざと長引かせただけでしょう。 元々の実力も才能も桁違いなので、そもそも日本の一団体の王者にさえなれない朝倉未来と対戦する事さえ異例中の異例で、年齢も考えて報酬が高いので受けただけだと思います。 メイウェザー自身は対戦が決まってからも朝倉未来の事を全く知らず、記者会見等からも調べようともしてなかった事が伺えます。 結果として朝倉未来は売名には成功しましたが、格闘家としてはとても世界に通用するレベルでは無いと言う事だと思います。 総合ならと言う意見もありますが、メイウェザーが本気を出したら1R早々にパンチを受けまくって勝負にならないと思います。全世界のボクシングで伝説と言われる彼は、日本のポッと出のYouTuberでは話にならないと言う事です。

27659

 

※末尾の数字は高評価数

okabe

これは前々から書いていたけど「そりゃそうだろ」しか思わない。 そもそもだけどボクシングの経験が違いすぎた。 相手はずっとトップと戦ってきたわけだし、動きを熟知している。 対して未来は総合格闘では頑張ってきたけど、 ことボクシングでそういったプロとは戦っていない。 この経験の差を年齢で埋められるわけがないし・・・。 まして言われるようにメイウェザーは才能よりも努力の人。 おちゃらけているけど人の何倍も何十倍も努力している。 そんな人にボクシングで勝とうなんておこがましい以外にないよ。

5578

 

※末尾の数字は高評価数

メイウェザーVS朝倉未来 会見と試合結果

朝倉は当初から試合を申し込む立場でありながらボクシングルール意外を拒否するメイウェザー側に対して不満を漏らすなど、甘えとも取れる発言をしながらの挑発で、対するメイウェザーの過剰反応は盛り上げるためのものだったのではないだろうか。

 

最終的には多くのコメントの通り試合を見ればまさしく格が違うの一言に尽きる試合結果となってしまった。いつでも倒せる位置にいる相手と相手がどの位置にいるのかもわかっていない相手との闘いだったと言えるのではないだろうか。

 

ただ今回は前述のような部分も含めて、ボクシングやMMAの試合と言うよりはプロレスの興行のような印象を強く受けた。少なくともメイウェザーとしてはそれに近い感覚だったのではないだろうか。

そして朝倉としても試合に負けても大物と試合をして注目をあつめることでYou Tubeに恩恵を得ることができる。

収入の意味でも言動においても現在は格闘家ではなくYouTuberが本業と言えるのではないだろうか。

 

 

 

皆さんはこのニュース、どう感じただろうか?

以下 記事全文

ルール問題、グローブ問題にも独自の見解を示したメイウェザー

コメント