適当はダメ。意外と知らない歯ブラシの選び方

疑問解決

虫歯にならないように歯磨きはしっかりしましょうというのはよく言われることですが、歯ブラシの選び方はどうされていますか?

意外と昔から使っているものをいつも流れで買ってしまう、とか、特にこだわりはないと言う人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな歯ブラシの選び方について紹介したいと思います。

細かく見ると色々なタイプが有るのですが、ここでは大まかにその種類を分類してみました。

1、ヘッドの大きさ

大・小

2、毛の太さ

ふつう・極細・先端極細

3、毛の硬さ

硬め・ふつう・柔らかめ

実際には毛先の形状加工やヘッドの薄さ、毛量など様々なタイプがあるのですが、そういった特殊なものを除き一般的に販売されているものだと上記の組み合わせから選択することになるかと思います。

2、ベストな組み合わせは?

ではどういった物を選ぶのが良いのでしょうか?

まずヘッドの大きさですが、これは選択できるのであればなるべく小さいものを選んでください。単純に大きいと細かな部分に磨き残しが残るリスクが高くなります。

では大きいものが売っているの?と思う方もいるかも知れませんが、磨き残しを気にしないのであれば面積の広いものを使ったほうが歯磨き自体は早く済むので、需要は少なくないようです。

次に毛の太さですが、なるべく細いものが良いです。理由は上記と同じ磨き残しのリスク軽減のためです。また、歯茎への負担を軽減して出血のリスクを減らす意味もあります。

最後に毛の硬さですが、これはかためを選ぶのがベスト。太さを極細にしているので、柔らかいものだと汚れが取り切れない可能性が高まります。

つまり、最終的に選ぶべき歯ブラシは、極細かためでなるべくヘッドの小さいものとなります。しかし実はこの歯ブラシを使っている人は実際には非常に少ないのが現状です。歯ブラシ売り場でも小規模の場所では店頭に並んでいない店も結構あるのですが、製品のラインナップとしては存在しているので、薬局など品揃えの充実した場所で探してみてください。

なぜあまり置かれていない(売れていない)かというと、歯磨きが面倒な人・ガシガシ洗ったほうが汚れが落ちると考えている人は毛先の太いかためのものを、特に気にしていない人は無難にふつうを、口内のダメージを過剰に気にする人は細くて柔らかいものを選びがちになるため、中途半端と思われ避けられてしまうことが多いようです。

しかし実際には、毛先の強すぎるものは歯茎のダメージ・磨き残し・歯の摩耗とリスクばかりが高く、弱すぎるものでは汚れを落としきれません。そういった意味ではふつうは悪い選択肢ではないのですが、全体的には今回紹介しているタイプの下位互換になるため、可能であれば極細かためを購入してください。

3、まとめ

口内ダメージと洗浄性の両面から考えると極細かための歯ブラシがベスト。実際に使ってみるとわかるのですが、直に歯茎を磨いても想像以上に痛くなく、それでいて想像以上に汚れが落ちるのを実感できるかと思います。

さらに言えば歯磨き粉もあまりつけないほうが良い、など磨き方などもあまり良くない方法で行っている人が多いのですが、そちらについては次回、トータルデンタルケアについての記事で見ていきたいと思います。

コメント