ネズミ捕り、ゴキブリホイホイが手についてしまったら…粘着のはがしかたライフハック

ライフハック

キッチンや倉庫など、ネズミ捕りやゴキブリホイホイを設置している家庭も多いのではないでしょうか。

厄介な害獣や害虫の退治に効果的なこれらのアイテムですが、捨てるとときに誤って手や衣服にについてしまった、うっかり踏んづけてしまったなど、のトラブルを経験したことのある人も少なくないかと思います。

 

そうなってしまうと普通の方法では除去することは難しく、最悪しばらく手からとれなかったり、付着した物によっては捨てるしかないというようなことにもなりかねません。

かくいう筆者も、帰宅時にネズミ捕りにかかってこと切れているルンバを見て絶望に打ちひしがれた過去があります。

 

今回はそんなネズミ捕りの粘着を除去する方法について見ていきたいと思います。

ネズミ捕りやゴキブリホイホイのトリモチがついた時の応急処置

もしネズミ捕りやゴキブリホイホイの粘着がついてしまったら、まずやるべきことはなにもしないことです。

経験上下手に手で剥がそうとしたり、ティッシュで拭き取ろうとしても取れるようなものではありません。それどころか、無闇に取ろうとしても余計に被害を拡大させてしまうことがほとんどなので、まずは触らない、これ以上被害を拡大させないというのが重要です。

 

時間がないときや、しばらく対応できない状況のときは一旦ビニールなどでついてしまった物ごと覆っておくなどしたほうが良いかも知れません。この粘着物質は接着剤などのように時間経過によって固まるというような性質はないので、時間を置いたからと言って被害が拡大することはありませんので、下手に触らず一度落ち着いて時間の取れるときにしっかりと対処することが重要です。

 

実際に除去する ネズミ捕りの粘着を簡単に剥がす方法

それでは実際に剥がす方法について見ていきたいと思います。この方法を使うと簡単に、かつほぼ完全に除去することが可能です。

ネズミ捕りの粘着を除去するために必要なアイテム

粘着を除去するために必要なアイテムはたった3つ

 

・サラダ油

・食器洗い洗剤

・使い捨てキッチンクロス

 

キッチンクロスとはこちらのような商品です。

 

なぜこのタイプが良いかというと、第一に使い捨てにできるという点、そしてある程度の耐久性があるという点です。

キッチンペーパーやペーパータオル、あるいはティッシュのような紙製品の場合拭き取る際に破れてしまう可能性が高く、一般のタオルは使い捨てにややもったいないのと、付着した物によっては厚みがあるため使いにくいということが上げられます。

上記の3つのアイテムは必ず必要なので、事前に準備しておくようにしてください。もちろんキッチンクロスに関しては最も使い勝手が良いためお勧めしていますが、捨てるタオルなどがあれば代用していただくなど状況に応じて準備してみてください。

 

また、必須ではないものの他にもあると便利なアイテムがいくつかあるので、次の除去手順の項目で出てくるアイテムについても必要であれば準備するようにしてくだい。

実際にネズミ捕りの粘着を除去する方法

それでは実際に粘着物質を剥がす手順について見ていきたいと思います。

1、粘着物質をおおまかに除去するために、ガムテープで取り除いていきます。

 さっそく準備物に無いアイテムを使っていますが、よほど大量に付着していない限りはやらなくても大丈夫です。後の工程が多少楽になるという程度に考えていただければいかと思います。

逆に、大量についてしまっているような場合はガムテープの前に割り箸などで巻き取ったり、粘着度を上げるためにガムテープを付ける前に粘着物質に少量の小麦粉をふるなどするとより効果的です。

2、粘着物質が付着した箇所にサラダ油を塗る

 こぼれない程度で十分ですが、しっかり粘着物質全体になじませるように、混ぜ合わせるようなイメージで塗るようにしてください。

作業時にはニトリルグローブやポリエチレン手袋があると手を汚さず作業ができて便利です。

3、サラダ油ごとキッチンクロスで粘着物質を拭き取る

 洗えないものの場合は、新しいキッチンクロスに洗剤を染み込ませて拭いたあと水拭きするなどするといいでしょう。

これでほとんど除去できると思いますが、取れにくい場合はサラダ油をキッチンクロスに染み込ませて追加したり、何度か新しいものに変えて拭き取りを繰り返してみてください。

4、最後にサラダ油と残った粘着物質を洗剤で洗い流します

衣類に関しても同様の方法で除去できますが、絨毯などに付着した場合は油を使うので専用のクリーナーなどがないとクリーニングが必要になる可能性が高いので使用前によく検討するようにお願いします。

こういった絨毯クリーナー(リンサークリーナー)があれば汚れを取ることができますが、粘着物質を吸い込むとよくないので、使う前にしっかり粘着物質は除去するようにしてください。

ネズミ捕りが剥がれる理由

粘着物質は不定形なので、例えば手についたものを指で剥がそうとしても別の箇所にくっついてしまい、それがまた別の場所にと永遠に被害が拡大してしまいます。

しかし油の分子を先に付着させておくとそこに粘着物質が付着することはありません。

 

除去する場合もこれの応用で、キッチンクロスで擦り落とした直後に付着しているものとの間に油の分子を塗り込むことで付着できないようにして拭き取っていくというイメージです。

ネズミ捕りの取り方のまとめ

意外と家にあるもので簡単に取ることができるので、ネズミ捕りやゴキブリホイホイを使っているという方は頭の片隅にこの方法を覚えておくと、万が一の際に慌てずに済むのではないでしょうか。

 

侵入できないと思っていた場所にルンバが侵入してしまうような不慮の事故で付着してしまうことはどうしてもあると思うのでその際にはこの記事を思い出してみてください。

 

ちなみに我が家のルンバやネズミ捕りから逃れようと暴れたらしくローラーなどにもかなり粘着物質を巻き込んでいましたが、今回も方法で無事現役復帰を果たすことができました。

コメント